千歳烏山の歯医者、世田谷今井歯科医院ホームページ、歯周病治療のページです。


世田谷今井歯科医院ロゴ世田谷今井歯科医院ロゴ

無料送迎について無料送迎について
無料メール相談はこちら無料メール相談はこちら

お問い合わせ:03-3300-5039

トップページトップページ医院紹介医院紹介スタッフ紹介スタッフ紹介交通アクセス交通アクセス費用・医療費控除費用・医療費控除

歯周病治療

▲下線部をクリックするとその項目まで移動します

  歯周病とは

歯を支えている周りの組織(歯肉、歯槽骨など)の病気を総称して「歯周病」といいます。
歯周病は自然に治ることはありません。
虫歯と違ってほとんど痛みがなく、気づかないうちに進行します。放っておくと症状は急速に進行し、やがて歯が抜けてしまいます。

  歯周病の主な症状

歯周病の進行具合は自己判断が難しいため、以下のような症状がひとつでもあれば一度ご相談ください。

  • 口臭がある
  • 歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 口の中がネバついている
  • 歯肉が赤く腫れている
  • グラグラしている歯がある
  • 歯ぐきが減ってきた
  • 歯がしみる

  歯周病の進行

歯周病は次のように進行していきます。

健康な状態
健康な状態

歯と歯ぐきの間に歯石や歯垢が溜まっている状態
歯と歯ぐきの間に歯石や歯垢が溜まっている状態

歯ぐきが赤く腫れ始めた状態
歯ぐきが赤く腫れ始めた状態

腫れが進行し、歯の根元が見え始めた状態
腫れが進行し、歯の根元が見え始めた状態

歯ぐきが歯を支えられなくなり、グラグラしている状態
歯ぐきが歯を支えられなくなり、グラグラしている状態

  歯周病の原因

歯周病の原因

歯周病の最大の原因がプラークです。
細菌の集団であるプラークが出す様々な物質によって歯肉に炎症がおこり、同時に細菌を攻撃するための細胞が自体から出てきて、細菌と体の抵抗力との闘いが始まります。細菌が増加し、防衛能力を上回ると、炎症が進行します。

歯面に付着したプラークは、時間が経つと石灰化して歯石となります。
歯石になると歯ブラシだけでは落とせなくなり、歯肉を刺激し続け、炎症をさらに悪化させます。
炎症が進むと、やがて歯槽骨が溶解し始めます。

プラーク
プラーク

プラークが石灰化した歯石
プラークが石灰化した歯石

歯周病の進行を早める要因

細菌の中の歯周病関連菌の質と量、それらの作用時間、治癒力とのバランス、自分自身の抵抗力が歯周炎の発症と進行の程度の違いと考えられています。

  • プラークの除去を困難にし、歯茎を痛める不正な歯並び、咬み合わせ。
  • プラークを増加させる軟らかい食べ物、糖質の多い食べ物。
  • 歯肉を傷つける「つまようじ」の使いすぎや、歯ブラシの使い方の悪さ。
  • 隙間にプラークがたまりやすい、適合の悪いかぶせや入れ歯。
  • 歯や歯茎にダメージを与える歯ぎしり、強い噛みしめ。
  • 精神的ストレスや過労、全身的疾患、体質、遺伝的素因(糖尿病やビタミンCやタンパク質の不足等)
  • 細菌対する抵抗力を弱める喫煙
  • 口呼吸

  歯周病の治療法

プラークが石灰化した歯石は、歯ブラシでは落とすことができません。
歯周病の初期治療では、以下のような方法で歯石を取り除き、お口の中を清潔な状態に戻します。

歯石除去(スケーリング)

歯面に付着した歯石を専用の器具(スケーラー等)で除去します。

ハンドスケーラー
ハンドスケーラー

超音波スケーラー
超音波スケーラー

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

ポケットに面した歯根にプラークや歯石が付着すると、その一部がセメント質(歯の組織)の中に入り込んで汚染され、根の表面はザラザラになります。
このような悪いセメント質を取り除いて根面をつるつるにし、プラークの再付着を防ぎ、歯と歯肉を再びくっつきやすくします。

歯周ポケット掻爬(そうは)

ポケットが深くなると汚れが停滞しやすくなり、悪循環を生じます。
歯根についた歯石とともに細菌に侵された悪い歯肉の一部も取り除き、歯周組織の炎症を改善し、ポケットを浅くする処置をします。